知らないあなたは「もったいない」!?もったいない村に寄っていがんかい♪

 

今回は、小国地域の国道404号線沿いにある「山の駅おぐに もったいない村」にお邪魔してきました。

ちなみにタイトルの「寄っていがんかい」は「寄っていってください」の小国地域の方言です。

 

お話を聞かせていただいたのは、代表取締役の村山さん。

ご自身も農業を営んでいられるので、5月の田植えを終え、いい色に焼けていらっしゃいました。

 

もったいない村は、中越地震で甚大な被害を受けた小国地域の復興を目的として、平成22年に創業した地場産食材の販売所です。

 

創業当初は、小国で収穫されたお米や野菜を販売していたそうですが、現在では、日用品の販売やクリーニング、葬儀なども取り扱う複合的な施設になっており、小国地域の生活を支える大切な存在となっています。

さらに、地域の方の利便性を考え、営業時間は朝9時から夜8時まで、ほぼ年中無休(年2回休み)で営業されているとのこと!!

 

とは言え、創業当初からの商品である「地場産食材」には現在も一番力を入れているとのことで、5月は種類豊富な山菜、6月から9月は「八石なす(長岡野菜の一つで、小国の八石でのみ生産)」を代表とする夏野菜、10月からは全国的にも評価が高い「お米」や「銀杏」がお勧めとのこと。

 

また、小国の桐沢地区の生産者が製造している「さつこさん」というサツマイモチップスがお勧めとのことでしたので、編集部でも購入し食べてみましたが、砂糖や塩、添加物を一切使っていないため、さつまいも本来の甘さや香りを感じられ、ばくばくと手が止まりませんでした!!

 

小国にお出かけの際は、山の駅「もったいない村」に立ち寄り、長岡産食材をばくばく食べてみてはいかがでしょうか。

 

詳しいお話は、6月1日(金)18時30分~18時45分に放送の

FMながおか長岡産魅力発見「メイドイン長岡うんめぇーもん市場」でも、ご紹介します。

 

ラジオならではのお得な情報もあるかもしれませんよ。
再放送は、翌週金曜日12時から

 

2018-06-01T12:25:50+00:00
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。