街中のおいしいケーキ屋さん 「ダンファン」

今回は長岡駅から徒歩約15分、渡里町にありますフランス菓子「ダンファン」さんにお邪魔してお話を伺ってきました。

 

ダンファンさんは平成4年にオープンしました。

ご主人の坂田さんは、東京・アムステルダム・ロンドンの一流ホテルで腕を磨き、「長岡の方にも洋菓子の本場の味を知ってほしい」という思いから、地元の長岡でお店を始められました。

販売しているスイーツのレシピは、当時から変えていないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元の食材を取り入れたメニューとしては、乙吉町の農家さんから仕入れているイチゴ「越後姫」を使ったミルフィーユや、酒造会社から出た酒粕を使ったチョコレートを販売しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンファンさんは5月26日(土)に開催される「ながおかバル街」に出店予定となっています。

ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

詳しいお話は、5月4日(金)18時30分~18時45分に放送のFMながおか長岡産魅力発見「メイドイン長岡うんめぇーもん市場」でご紹介します。ぜひお聞きください。再放送は、翌週金曜日12時からです。

 

 

 

 

 

 

2018-05-07T16:18:54+00:00 2018年5月2日 水曜日|
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。