長岡初!日本茶カフェ

与板支所のすぐ近くにある日本茶カフェ「茶々いま」にお邪魔しました。
手がけるのはばくばくマルシェでおなじみの田中清助商店さん。
なんと、田中清助商店さんは江戸時代後期1824年から続く老舗のお茶屋さんなんです!
そんな老舗のお茶屋さんによる日本茶カフェ「茶々いま」について田中さんにお話しをお伺いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶そのものだけじゃなく、お茶を飲むことを提供したいという思いから、昨年12月にオープンさせたそうです。
与板産のお米や米粉を使ったスイーツとお茶の相性は抜群!
スイーツは抹茶プリンとほうじ茶プリンの2つ。どちらも砂糖不使用で素材そのものの味を活かしています。
上に添えてあるクリームは与板産の米麹を使った豆乳甘酒クリーム。濃いめのお茶の味をまろやかにしてくれます。
ほうじ茶プリンがよく出るんだとか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元食材とお茶を組み合わせたフレーバー緑茶の種類が豊富!
いちご、かぼちゃ、さつまいもなどの組み合わせがあり、お茶の新しい味を引き出しています。
今後も地元食材を使ったお茶やスイーツを出していく予定だそうです。楽しみですね!

 

 

 

 

 

 

詳しいお話は、3月30日(金)18時30分~18時45分に放送のFMながおか長岡産魅力発見「メイドイン長岡うんめぇーもん市場」でご紹介します。ぜひお聞きください。再放送は、翌週金曜日12時から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-03-30T09:43:36+00:00
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。